第2話

いち
692
2023/09/22 11:11
今ころちゃんの家
莉犬
ねぇねぇころちゃ~ん!!なんか暇~!!!!
ころん
えぇ暇って言われても…
るぅと
僕も暇~
さとみ
俺も~
ジェル
まぁみんな暇やな
ななもり。
じゃあなんかする?
ころん
あ!
莉犬
ん?ころちゃんどうしたの?
ころん
なんか面白いの見つけた~
さとみ
どれどれ
すとぷり
うぇ!??!?-ころん
ころん
ビクッ
るぅと
こ、ころんちゃんこんな趣味あったんですか·····((引
ころん
え!?
ジェル
ころん·····
ななもり。
ころちゃん·····
すとぷり
((引 -ころん
ころん
ちょっとみんな引かないでくれる!?!?
ころん
別にいいじゃん!!面白そうだし!
さとみ
まぁ面白そうではあるな·····
ころん
でしょ!?
ころん
みんなでやろ!
ジェル
まぁ俺は、いいで?
さとみ
…俺もいいけど·····
莉犬
えぇ·····
るぅと
うーん·····
ななもり。
うーん
ななもり。
先に·····3人だけでやるって言うのは、どうかな?
ころん
え〜僕は、別にいいよ?言い出しっぺだし
ジェル
俺もまぁいいで
さとみ
まぁいいけど
莉犬
うーんやっぱ僕もやる!
莉犬
興味あるし!
るぅと
えぇ莉犬やるんですか·····?
莉犬
うん!
ななもり。
じゃあ俺とるぅとくんだけかな?
ななもり。
様子見るのは
るぅと
そうですね
莉犬
じゃあインストールしよ~!
さとみ
じゃあどの子にするか選ぶんだな?
ころん
え〜どの子にしよっかな~w
ジェル
せっかくやから1番売れとる子にしとく?
莉犬
じゃあみんな一緒にする?
ころん
そうするか~!!
さとみ
じゃあこの子な
すとぷり
おっけーい -ななもり。、るぅとくん
るぅと
決まりましたか?
莉犬
うん!
莉犬
早速明日からやろっかな~ww
ころん
え〜莉犬くんはや〜w
莉犬
じゃあ僕明日ね!
解散した
莉犬
明日楽しみだな~どんな子だろっ
当日((飛ばしました☆別にめんどくさいわけではないよ?うん。
ピンポーン
莉犬
あ!はーい!
ガチャ
莉犬side
???
こんにちは!
(なまえ)
あなた
あなたの下の名前です。よろしくお願いします!!ニコッ
ドアを開けたら、すごく可愛い女の子だった。まぁ当然女の子だよねw
莉犬
ッ!!⸝⸝⸝⸝よ、よろしく!!俺、莉犬!!!!タメ語でいいからねっ!
(なまえ)
あなた
はいっ!じゃなくて·····うん!w
莉犬
ww⸝⸝⸝⸝
莉犬
じゃあ中どうぞ入って!!
中に入るとあなたの下の名前ちゃんは、俺より背が低かった。·····低くて…ちょっと…可愛い…と、思ってしまった。
(なまえ)
あなた
あ!うん!お邪魔しまーす!
ワンワンッ!
(なまえ)
あなた
あれ?わんちゃん!?
すると僕の愛犬、つくね、つーちゃんがはなちゃんに「構って構って!」と言ってるように見えた。
莉犬
あ!こらこらつーちゃん! 
ダメでしょ~っ!
クゥーン
(なまえ)
あなた
あははっ別に大丈夫ですよ!わんちゃん大好きだから!
莉犬
ほんと?わんちゃん可愛いよね!
(なまえ)
あなた
うん!!可愛いよねぇ!
莉犬
えへへ嬉しいなぁ
(なまえ)
あなた
あははっそうだね
俺は、なぜか·····彼女の一つ一つが可愛く見えた。
笑う姿、驚く姿、嬉しそうな姿全部全部可愛い
なぜだろう。もしかして…俺…
て!なわけないなわけない!
(なまえ)
あなた
莉犬くん!!!!!!
莉犬
へっ!?
莉犬
へっ!?どうしたの?あなたの下の名前ちゃん
(なまえ)
あなた
いや·····ずっと呼んでたよ?大丈夫?
莉犬
え!?そ、そうなんだ·····
莉犬
でもでも!大丈夫だよ!ちょっと考え事してただけだから
(なまえ)
あなた
そう?なら良かった!ニコッ
う"っその笑顔は、反則·····
莉犬
そ、それより!今日なにする?
(なまえ)
あなた
うーんどうしよっか
(なまえ)
あなた
どっか出かける?
莉犬
う〜ん
(なまえ)
あなた
あ!映画見に行かない?
莉犬
お!いいね!行こ!
(なまえ)
あなた
おっけー
映画観
(なまえ)
あなた
着いた!
(なまえ)
あなた
じゃあどれ見る?
(なまえ)
あなた
やっぱりホラー?ニヤッ
そう彼女が言ってくる。きっとからかっているんだろう。
莉犬
え、ホラー!?
莉犬
えぇ~·····
(なまえ)
あなた
あはははははっ冗談冗談!!
やっぱりからかってた。
もう!俺情けない〜っ!
(なまえ)
あなた
じゃあ·····恋愛系?
と、上目遣いで見てくる。でも、無自覚だと思う。なぜかは、·····言わないようにしよう
莉犬
恋愛系でもいいよ?
(なまえ)
あなた
ん〜じゃあ恋愛系!!
莉犬
じゃあこれとかは、どう?今大人気のやつ!
と、俺は、それを指差した。
(なまえ)
あなた
おぉ!いいねぇ!それにしよっ!
ピコンッ
と、LINEの音が鳴った。
あなたの下の名前ちゃんかと思ったら、俺だった。
莉犬
俺だぁ!
(なまえ)
あなた
へー、友達から?
画面を見るとグループLINEからだった。
莉犬
んー、
莉犬
内緒っ♡
(なまえ)
あなた
え?な、なんで!?教えてよ!
莉犬
やーだ!♡
(なまえ)
あなた
うー
と、あなたの下の名前ちゃんは、ムゥと好感度がつきそうなほどに頬をふくらませた。
その姿が可愛くて、僕は、ついニヤけてしまう。。
(なまえ)
あなた
あ!今笑ったでしょ!
莉犬
えへへっ
莉犬
まぁ1回LINE見るねw
(なまえ)
あなた
はーい·····
と、しょぼんとする。はぁもう可愛い
グループLINE画面を見ると、
ころん「莉犬くーん!レンタル彼女は、どう?w」
さとみ「可愛いか?w」
るぅと「今何してるんですか〜?」
ジェル「なな!!どう?可愛いか?」
ななもり。「莉犬くん楽しいんでる?」
みんなからきていた。
俺は、こう答えた。
「すっごく可愛いしいい子!!今映画デート中っ!」
と、そう送って、電源をきった。
(なまえ)
あなた
莉犬くんまだ〜?
莉犬
はーい!もう行こっ!
(なまえ)
あなた
おっけー
今頃すとぷりは、
一緒にいました。あ、莉犬くん抜きでね?
ころん
すっごく可愛いくていい子だってぇ〜!!映画デート中かぁ
ジェル
ええなぁ俺もはよ会いたいわ
さとみ
そんなに可愛いのか?
ななもり。
莉犬くん楽しんでるなら良かった!
るぅと
莉犬大丈夫でしょうか。
ころん
写真送ってって言っとこ〜
終わりです!
読んでいただきありがとうございました!!これからもよろしくお願いします!!
では、おつぷりぃ~!!

プリ小説オーディオドラマ