無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1day
入学式!
最初にクラスが決まって教室に入って君をみたときドキッとしたのは

否定できないかも。

こんなカッコいい人いるんだ~

って思って。

そのときは性格もなにもかも

知らなかったから

ただ顔がいい人としか感じなかった。

けど意識はしていたと思う。

だから、一緒にいた友達が君に声かけてるのみて、

その友達にも


あのひとかっこ良くない?!

っていっちゃったんだ。