無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

好きが4個
あなたside





おっぱ達に迷惑かけちゃった…?



大丈夫だよね、!でも、バイトは本当にしてみたいし



まぁ、いいや((




一旦寝よう((←
(なまえ)
あなた
おっぱ達おやすみー💤
BTS ALL
BTS ALL
おやすみ、、、
あなたが部屋に行き、寝た後
あなたside end
ジンside
じん
じん
さあ、どうする
なむじゅん
なむじゅん
うーん、自分はあなたの意見に完璧に賛成は出来ません
ほそく
ほそく
うん、僕もかな
もなか (作者)
もなか (作者)
はい、ばんたんあなたちゃんのバイトについて話し合ってました←
ゆんぎ
ゆんぎ
でも、周りの奴らがしてるなら、させてあげたいっていう気持ちもある
ぐく
ぐく
僕もそう思います
てひょん
てひょん
でも、バイトして変な男に目付けられたらなぁ
じみん
じみん
そうそう!だから、バイトは出来るだけして欲しく無いんだよね
うーん、困ったなぁ





まぁあなたは考え直してくれるっていうし一旦保留にしよう
じん
じん
あなたも考えて直すっていうし一旦保留にしようか
なむじゅん
なむじゅん
うん、そうしましょう
ほそく
ほそく
また、改めて考えれば良いし!
もなか (作者)
もなか (作者)
こうして、あなたちゃんのバイト事件は幕を閉じるのであった…
ジンside end