プリ小説

第68話

65
今日もみんな来てくれた

[翔side]

毎日あなたに会うたびに思うんだ
分かりたくないのに分かってしまう








あなたはもうすぐ俺たちの前からいなくなっちゃうってこと







後悔する前に伝えるんだ
ごめんみんな
少しだけ俺とあなたの2人にしてくれないかな
ニノ
わかった
ガラガラ
翔くんは私の手を握って
ねぇ、あなた覚えてる?
俺たちが出会った頃のこと
たまたまおんなじ家に住みたくてそこからシェアハウスすることになったんだよね
タコパとか最初してたよね
そこからしばらくしてあなたと付き合って
デートもたくさんして
あなたが記憶喪失になった時は本当に焦った
このまま俺のこと思い出さなかったらどーしよってめちゃくちゃ不安になった
俺、本当にあなたに会えて良かった
付き合えてよかった
俺の心の中にはいつもあなたがいるんだ・・・
大好きだよこれからもずっとっ(涙を流しながら)
あなた

(涙が止まらない)
(私も翔ちゃんの事が好きって言いたいのに言えないっ)

あなたは俺のこと好き?
あなた

(頷く)

嬉しいなっ
そう言って翔ちゃんは私にキスをした
優しい優しいキスを
2人は微笑んだ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る