プリ小説

第18話

16
[夜]
翔ちゃんのことで頭いっぱいだった私はなかなか寝付けなくてベランダに出た
そしたら翔ちゃんもベランダにいたんだ
あなた

あっ

あっ
しばらく沈黙が続いた
そして
あ、あのさ
今日の告白の返事、後悔するかしないかとかじゃなくて俺はあなたの気持ちが知りたいよ
あなた

わ、私は翔ちゃんが好きです。ルームメイトとしても好きだけど、この好きは恋愛の方の好きだよ・・・

あなた

でもね、付き合うことは出来ないよ・・・
翔ちゃんには幸せになって欲しいから・・・私のこと好きっていってくれただけで十分だよ
だから、他の誰かと幸せになって・・・

他の誰かじゃなくて俺はあなたがいいんだ!
あなた

なんでそこまで私のこと・・・

決まってるじゃん
あなたが好きだから、大好きだから!
あなた

本当にこんな私でいいの?ぐずっ
後悔しても知らないからね・・・ぐずっぐずっ

いいにきまってるじゃん
もう一度言うね
あなた、俺と付き合ってください
あなた

ぐずっぐずっ
はい😭

翔ちゃんは私を抱きしめた
やばい、すげー嬉しい!
あなた

私もだよっ

俺たちはキスをした
ははっあなた顔真っ赤だよ
かわいい💕
あなた

だっていきなりだったから
(しかもファーストキスだし・・・)

もう、こんな時間だし寝よっか
おやすみあなた
あなた

おやすみなさい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る