無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

「聞こえますか」第1話
りる(主)
りる(主)
ε=\_○ノ ヒャッホウ!!
りる(主)
りる(主)
初投稿!!はつぷり!!!!!!(?)
りる(主)
りる(主)
(*´꒳`ノノ゙☆パチパチパチパチ

(*・д・ノノ゙☆パチパチ
りる(主)
りる(主)
いやぁ寝てる間に思いついて、こりゃいいぞって思ったキチガイさとりーぬ推しが作った小説です( ˘ω˘ )…
りる(主)
りる(主)
まさかそんな!!誰かが見てくださるなんてッ!!_(›´ω`‹ 」∠)_
りる(主)
りる(主)
あでも!!でもですよ?もしもォ!!閲覧になってくださる方が居ましたら!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!れれ!れ!!!!!!!!!
りる(主)
りる(主)
全力で貢ぎます(  '-' )
りる(主)
りる(主)
……はい。
りる(主)
りる(主)
それでは本編!
👇👇どうぞ♪👇👇





































































































































































































































俺は今、歌い手グループとしてYouTube等で活動している。

そして、そのグループ名が
「すとろべりーぷりんす」通称”すとぷり”






今日は久しぶりにみんなと動画を撮影する日。
莉犬
莉犬
(楽しみだけど、ちょっと緊張するなぁ…)
今日はさとみくんの家に集合する予定だ





だけど、最近ちょっと気になることがある


さとみくんといつものように通話やカラオケに行ってる時、なんだかそわそわする



あいつと一緒にいる時が妙に楽しくて、次いつ会えるかな、何処に行こう、なんていつも考えてしまう



一緒にいると落ち着く。

今まで誰かと居てこんな気持ち、
初めてだ……
莉犬
莉犬

おっ、おじゃましまーす…!
さとみ
さとみ
お!りーぬ!いらっしゃーい
さとみくんは、いつものように爽やかな笑顔で迎えてくれた
莉犬
莉犬
あっ、あれ?みんなはー?


腕時計を見ると、集合時間ぴったりだ
さとみ
さとみ
遅いな。まーた遅刻か?
俺とさとみくんが時間ぴったりに来て、他のみんなが5分10分遅刻するのはいつものことだ
さとみ
さとみ
ま、とりあえず上がれよ
莉犬
莉犬
はーい
さとみ
さとみ
どうするか?みんなが来るまでなんかやっとく?
莉犬
莉犬
いいよ、俺掃除しとくね
二人でゲームをする程の時間もないだろう、そう思い、俺は掃除機を取りに隣の部屋へ行った
さとみ
さとみ
あ、ち、ちょっと待って
さとみ
さとみ
莉犬、ちょっと話したいことが…
ピンポーン
莉犬
莉犬
あ、みんな来た?俺出る!
さとみ
さとみ
…、
扉を開けると、あの4人が立っていた
ころん
ころん
やっほー
ななもり
ななもり
おじゃましまーす!
莉犬
莉犬
もー!みんな遅いー!!(〃`・н・´〃)
ジェル
ジェル
まぁまぁ。いつものことじゃん(笑)
さとみ
さとみ
あー…いらっしゃい!
あれ??


気のせいかな……さとみくんの顔色がいつもより悪い気がする
ジェル
ジェル
なーなー!新しいタピオカ屋出来たの知ってる?
ななもり
ななもり
あー知ってる!めっちゃモチモチしてるやつ
るぅと
るぅと
じゃあ近いし、今からみんなで買いに行きませんか?
全員
全員
\サンセー!/
そんなこんなで、タピオカを飲みながらみんなと動画撮影をした(草)

今日1日は、何事もなく終わった。




ころん
ころん
今日楽しかったねーー
莉犬
莉犬
ね!ジェルくんの台本センスありすぎた!(笑)
ジェル
ジェル
莉犬も可愛かったで〜
ななもり
ななもり
それじゃ、もう遅いし解散しよっか


9時か…時間が経つのって早いなぁ


またねと手を振り、俺らは全員解散した
莉犬
莉犬
ふぅ…
やっぱ我が家が一番落ち着くなぁ…



そういえば、さとみくんあの時何か言いかけてたような…… ガン無視しちゃったな

元気もなかったし…連絡してみるか









ーーーーーLINEーーーーー
莉犬
莉犬
「さとみくん!」


相変わらず既読は早いなぁ


莉犬
莉犬
「今日、顔色悪くなかった?あと何か俺に言いかけてたよね。ごめん!どうしたの?」
さとみ
さとみ
「ごめん、ちょっと体調が悪くてな」


いつもうるさくて、糞キャラで、ふざけまくってるさとみくんが大人しいなんて不自然極まりない


莉犬
莉犬
「何かあったの?」
さとみ
さとみ
「そんなことより」
さとみ
さとみ
「ちょっと莉犬に話したいことがある」
その時、俺は知りもしなかった
まさかこの時、俺の人生が大きく揺らいだなんて。








🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓




りる(主)
りる(主)
( 'ω')/ ハイ!ここで一旦切ります!!
りる(主)
りる(主)
いやぁ〜書いてて楽しかったですね( ˘ω˘ )
りる(主)
りる(主)
あとから読み返して思ったんだけと、、
りる(主)
りる(主)
…意外と短い(  '-' )
りる(主)
りる(主)
えっと、第2話は…( ´・ω・`)
りる(主)
りる(主)
一応あしたから学校だし、今週中には作りたいと思います!!
莉犬
莉犬
それじゃ!
さとみ
さとみ
閲覧ありがとな!
ななもり
ななもり
いくよ?せーのっ、
全員
全員
おつぷりーーーーーー!!!!