無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

さんのに
122
2020/03/12 13:46
ユンギ
ただいま
テヒョン
ひょん!おかえり!
疲れた?
ユンギ
お、おぅ
ジミン
おかえりなさいっ!
ひょん、もう寝てくださいっ
ジョングク
もちろん、お風呂は入ってくださいよ?
ユンギ
その前に、リビングn
テヒョン
ひょん!なんで、リビング行くんですか!?
ユンギ
なんでって、みんなにただいまって言いたいじゃん
ジミン
うわぁ、ひょん、お砂糖だ笑笑
ユンギ
お、お砂糖じゃねぇ、よ///
ジョングク
ひょん、照れてもいいですけど、先にお風呂はいってください
ユンギ
荷物も置きてぇから、入らせろ
テヒョン
んーーー、どうする?
ジミン
・・・ひょんは、やめといた方がいいと思うけど、、、
ジョングク
どうしてもって言うならですか?
ユンギ
な、なんかあったのか?
テヒョン
は、はい。。。
ヒョンにとっては悲惨なことです・・・
ジョングク
行かない方が、、、身のためだと
ユンギ
じゃあ、、、リビングには行かないでおく。
ジミン
そうと決まれば、お風呂はいってきてください!荷物は、僕達が預かっておきますんで!
ユンギ
あぁ、ありがとう
テヒョン
全然大丈夫ですよっ!
これがヒョンの荷物持つの最後になるかもしれないんですから!
ユンギ
最後、、、?なんでだ?
ジミン
あ!テヒョンア!言ったダメって約束でしょ!
ジョングク
ひょん、部屋行きましょうか
テヒョン
うわぁぁぁぁぁぁぁ
ごめんなさいいいいぃぃぃぃ
ジョングク
よろしい
ユンギ

じゃあ、入ってくるわ
マンネライン
はい!!!







(〃´o`)フゥ…
テヒョン
ぎりぎりバレなかった?(ボソッ)
ジミン
危ない危ない(ボソッ)
ジョングク
テヒョンイヒョンのせいでバレそうになりましたけど(ボソッ)
ジミン
意味深すぎる発言笑笑(ボソッ)
テヒョン
あれはごめんって!(ボソッ)
ジョングク
じゃあ、僕達も部屋に戻って、手伝いましょうか
テヒョン
だね!
ジミン
ヒョンたちだけじゃ大変そうだしね







喜んでくれるかな。
ジョングク
まぁ、ジニヒョンいますけどね
テヒョン
朝から、重くないかなぁ
ジミン
大丈夫でしょ、ジョングギいるし、ね?
ジョングク
は、はい?
そんな食べます?
テヒョン
そんな食べます笑
ジョングク
そうかなぁ?



まぁ、喜んでくれるといいな。