無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

78
2021/06/21

第5話

僕の人生
ころんくん
ころんくん
僕の人生はゴミみたいな人生だった
ころんくん
ころんくん
生まれてすぐ親に捨てられて、児童保護施設に預けられた
ころんくん
ころんくん
里親が見つかって、育ててもらってたけど結局また捨てられて
ころんくん
ころんくん
中学からはいじめられてばかりで
ころんくん
ころんくん
それに反抗もできない、弱くてクズだ
ころんくん
ころんくん
………
そんなことを言っていると涙が止まらなくなっていた。
琴音
琴音
そっか。
琴音
琴音
話してくれてありがとう!
僕は彼女に少し心が開けた気がして




心地よかった。
琴音
琴音
連絡先、交換しよ!
こんなすぐに連絡先…なんていいのだろうか、と思ってる暇もなく、強引に交換されてしまった。
琴音
琴音
じゃあことねって呼んでね!
ころんくん
ころんくん
こ、ことね…さん
琴音
琴音
ことねでいいよ、ころん
ころんくん
ころんくん
ことね…