無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

99
2021/06/20

第2話

僕は…
僕は…死にたかったんだ





ころんくん
ころんくん
もう、いいよ
僕は人生を諦めた。



今、駅のホームから飛び降りる。
琴音
琴音
ねえ、
琴音
琴音
そんなとこに立ってたら危ないよ?
琴音
琴音
黄色い線の内側ですよーーー
何なんだよ…
ころんくん
ころんくん
僕はもう死ぬ
琴音
琴音
えーなんで
ころんくん
ころんくん
君には関係ない
そう言って飛んだ




……はずだった
でも話しかけてきたさっきの彼女が僕の手を掴んで来た。
さらに彼女はぎゅっと僕の両手を握りしめ、強く言った。






  




























琴音
琴音
生きて