無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

78
2021/06/21

第4話

琴音
僕は彼女に手を取られて気づいたら知らない都心のカフェにいた。
琴音
琴音
はい!そこ座って!
 


僕は恐る恐るゆっくりと座った。こんな所初めてだ。
琴音
琴音
ねーねー
琴音
琴音
さっきさ、
琴音
琴音
君にはなにが分かるんだよって言ってたじゃん?
琴音
琴音
じゃあ教えてよ!
琴音
琴音
君のこと。
琴音
琴音
私ことね!
琴音
琴音
名前、なんて言うの?
ころんくん
ころんくん
……ころん
琴音
琴音
ころん!
琴音
琴音
私が分からないこと、
琴音
琴音
教えてよ!




なんだこいつ。
僕は、自殺しようとしてたんだぞ、

なんでそんなになれなれしくしてくるんだよ。
琴音
琴音
ねー
琴音
琴音
ねーってば
琴音
琴音
聞いてる?
ころんくん
ころんくん
なんで君に教えなきゃいけないんだよ
琴音
琴音
んーじゃあ友達になろ!
琴音
琴音
ほら!
そう言って、彼女は僕の手を握ってきた。
琴音
琴音
はい!これで友達!
琴音
琴音
友達だから教えてよ!
琴音
琴音
ね!