無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

86
2021/06/21

第3話

君には分からないから
ころんくん
ころんくん
君になにが分かるんだよ…
ころんくん
ころんくん
僕の…僕のなにが分かるんだよ
琴音
琴音
分からない、ただ、生きてほしい
ころんくん
ころんくん
僕の人生いい事なんて無いんだよ
ころんくん
ころんくん
僕は生まれてすぐ捨てられて
ころんくん
ころんくん
いじめられて、それに反抗すらできない
ころんくん
ころんくん
弱い人間なんだ
ころんくん
ころんくん
生きてる意味も価値も無いんだよ
琴音
琴音
じゃあ生きる意味作ろうよ!
ころんくん
ころんくん
なんで君はそこまでのんきなんだよ
琴音
琴音
のんきじゃないよ!
琴音
琴音
ポジティブっていいなさいよー
ころんくん
ころんくん
ポジティブ…じゃあ僕はネガティブだよ
琴音
琴音
はいはい、その思考がネガティブですよー
琴音
琴音
はい!行くよ!
 



彼女はそう言って僕の手を取った。




僕はただ彼女についていくことしか出来なかった。