無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

有ㅤ名ㅤなㅤㅤ。
夏油side
若者1「は?!?!しらねーの?!」


夏油「…?」チラッ


若者2「いやしらねーよ!」


若者1「しらねぇなんてヤベェよ!
あの有名な殺し屋をさッッッッッ!!」


若者2「はぁ?」


若者1「…あ“~も“~…これ、あの殺し屋のチラシ。」


若者2「うわっ…こんなに沢山…。」


若者1「しっかり調べとけよな?!」



.

.

夏油「…。」ピラッ

若者たちが落として行ったチラシにふと目をやる。
《裏サイト新聞》

“殺し屋のあなた”

“依頼、殺到”

“警察の手からまたもノガれる”

“電話番号____”
夏油「殺し屋……かぁ……。」


「興味あるね。」



そう言ってニタリと悪そうな笑みを浮かべる。






.


.


.




































ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️