無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

興ㅤㅤ味ㅤㅤㅤ。
真人「____殺し屋?」


夏油「うん。結構 有名になっているらしい。」


真人「ふぅん…。」


夏油「…興味、あるかい?」


真人「殺し屋ねぇ…俺たちよりも強いのかな?」


夏油「さぁ…それは分からない。」


何処か すました顔でコチラを見てくる夏油。

真人「…。」ピラッ


渡された紙を見る。


真人「あなた……って言うんだ……へぇ…。」


真人「………夏油、」


夏油「ん?」


真人「この子、連れて来て!」


ニコリといい笑顔を浮かべる真人。

























NEXT▷▶︎