無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

金ㅤㅤ。
『さて、今日の依頼は…』


____ここか………。








「ありがとうございました………
ほんとに一瞬で………。
またお願いしてもいいですかね?」
『いいですよ。いつでも受け付けます』
「!ありがとうございます!」
『(とか言ってコイツくれる金少ねぇんだよなぁ)』






____。
「いや~今日もいい仕事っぷり」
『いえいえ。いつでも呼んでください』
「ほんと、君に頼むと
素早く殺してくれるからスッキリするな~」
『(だまれクソジジィが)』
『(お前の為じゃなくて金の為だわ)』
「あ、今日の分のお金。ほらよ」
『(たった____万円…安…ぼったくりかよ)』
『ありがとうございます。それでは』
















































NEXT▷▶︎



宣伝してください(土下座)