無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

episode ⒊
You
You
お母さん。お父さん。来たよ。
You
You
私も高校生になったよ
ユンギ
ユンギ
おふくろ。おやじ。
ユンギ
ユンギ
……
You
You
なんか言えよ。ㅎㅎ
グク
グク
こんにちは。久しぶりです
グク
グク
小学校の頃お世話になりました。
You
You
よし。帰るか。
You
You
ばいばい。お父さんお母さん
グク
グク
また来ますね!
ユンギ
ユンギ
また来るわ~





電車
グク
グク
席どうぞ。
おばあちゃん『いいのかい?』
グク
グク
はい。次降りるので
おばあちゃん『悪いねえ』
グク
グク
いえいえ
グク
グク
降りるぞ。((ボソッ
You
You
う、うん
You
You
오빠寝てるけど?ㅎㅎ((ボソッ
グク
グク
また迎えに来ようㅎㅎ((ボソッ


私達は1回降りて1個隣の車両に乗り込んだ。

You
You
なんで、降りたの?
グク
グク
あのおばさんに悪いだろ。
You
You
せめておばあちゃんにしてやれㅎㅎ
 






グクって優しいんだな。





こゆところも惚れる私。




1人で帰らなかったら.ナンパされなかったらグクに惚れることなんてなかったのかな。