第2話

裸と誘拐犯(2)
なんで感じたんだろ
それじゃ、これ、使うね
見せてきたのは、なんやらクリームのようなもの
綾香(アヤカ)
綾香(アヤカ)
なっ、なにおっ…すっんっ///
男は、たっぷりとクリームを、

胸や

陰核と

様々なところに塗ってきた
綾香(アヤカ)
綾香(アヤカ)
あっあうっあんっ…///
あはぁっ///
クリームを塗ってるあいだも


空イキしていた


もう、力が入らない



涎が垂れる



んふふ、可愛い。
やっぱり飼い主になって
僕はよかったと感じるよ
そう言いながら、


ご主人様は、

ガサゴソと、ダンボールをまた漁る



その間も空イキする


なんて恥ずかしい


いや、そんなのもう



じゃ、これを付けようか
男は振動する丸っこい器具を

乳首と

陰核と

『感じやすい所なんだ』って言って
器具を付けてくる
その間にも私はイキまくった
綾香(アヤカ)
綾香(アヤカ)
いっいやぁっ///
んっふっ…あっ///
綾香(アヤカ)
綾香(アヤカ)
んっフゥックっ//
んああんっやっ///
震度がだんだんと強さを増していき


今にも意識が吹っ飛びそうだった
さ、僕は行くところがあるんでね。
しばらく…このままにするね!
綾香(アヤカ)
綾香(アヤカ)
えっあっえっんっ///
ちょっとっ///ひゃっ///

男は、私を置いて、

ドアに鍵をかけた


器具は留めることなく

私の身体をいじる





気づいた


この部屋、角にカメラがあることを




そこで記憶はなくなつた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
更新遅れて申し訳ないです。

次回、絢香の彼氏登場します。