前の話
一覧へ
次の話

第13話

お知らせ(。-人-。)
作者 黒兎
作者 黒兎
こんにちはぁ、こんばんはぁ。
作者のー黒兎です。
シルク
シルク
おい、黒兎
めっさ疲れてそうだけど
どうした?
作者 黒兎
作者 黒兎
さすが、察するのが早い
わたしは今就活なうなのですよ
高校卒業したら働く身なのでね
ダーマ
ダーマ
大丈夫か?
小説無理せんでいいんやぞ
作者 黒兎
作者 黒兎
そうなのだよ
ちょっとね、今こんなお知らせしか
出すこと出来ない
『リアル鬼ごっこ』の方も
しばらくお休みしたい
シルク
シルク
もう、棒読みやな
マサイ
マサイ
作者さん、休む日
宿題やったりとお忙しい
みたいやしな
作者 黒兎
作者 黒兎
うわぁぁぁんっ(涙)
ダーマ
ダーマ
わわわっwww
(抱きついてきた)
あはは、よしよし
作者 黒兎
作者 黒兎
もう、夏休み中宿題終わるまで
かけそうにない
まず、20から1週間はだせないと
思うからその事は
シルク
シルク
お、おう
マサイ
マサイ
もう、頑張れ!
シルク
シルク
俺らは、動画で
癒すことしかできないけど!
作者 黒兎
作者 黒兎
あ、ありが……とう
ダーマ
ダーマ
んじゃ、またどこかで







あ、ちょろっと後日談
『リアル鬼ごっこ』にて、コメントあったんで
お伝えしておきます
ある方から
【設定した廃校の作りが自分が行ってた学校の作りに似てました】
って言うコメントがあった
実は、あの設定は、
作者の中学校と同じ作りで
設定しました

まるっきり同じだけども、
どこの中学校とは
プライバシーになるので
言えません。

てことだけ伝えておきます。