無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

名脇役
どこにいても




何をしていたとしても




君のことばかり思い出し




大人しく苦しんでるよ




なぜなのでしょう




告白したわけじゃないのに




別に振られたわけじゃないのに




僕はなぜ苦しむんでしょう





それは多分わかってるから




ってそれさえも




分かりたくない





もういそ もうずと





また同じ"たられば"を繰り返して





"友達"という肩書き背負って





何とかぎりぎり君の隣にいられるのです





何かしらの間違えでいいから





僕のものになってくれないかな





忘れさせてもくれなくて





むしろ忘れたくなんかないって






体でも頭でもない心が言うのです





だからもう困らせてよ






苦しくさせていてよ





そんな風に優しくしといてよ




なんにも知らないくせして




『どうしたの?』なんか聞いてくんな





他でもない君でこんな始末になってるんだよ





なんて言えるわけも無い僕はいつもと





同じ顔でいう『なんでもないよ』





そんな事ばっかを考えている事





君が知るのはいつになるかな






















という曲です






みじゅが歌ってる名脇役が大好きです