無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

▼〜*.2話.*〜▲
 無能チャン   様という方の作品です。
僕、wrdの方も好こなので見させて貰ってます。
是非、見て下さいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー切り取り
皆………夜蛾先生に……………本性バレちった☆
(なまえ)
あなた
もういいや。
(なまえ)
あなた
夜蛾先生、僕の話聞いてくれますか…
夜蛾先生
夜蛾先生
嗚呼。
自分が、何者なのかを話した。
夜蛾先生
夜蛾先生
つまり、君は転生して来たと言う事だと……
(なまえ)
あなた
はい。
夜蛾先生
夜蛾先生
分かった。その、事実含め合格だ。
(なまえ)
あなた
有難う御座います!!!夜蛾先生!大好き!!
あ、後この事二人だけの秘密にして下さい。
夜蛾先生
夜蛾先生
お、おぉ。あ、そうそう私は二年担当の教師だ。
(なまえ)
あなた
五条さん達のですか……?
夜蛾先生
夜蛾先生
嗚呼。そうだ、学年は違うが何か合ったら
頼ってくれ。
(なまえ)
あなた
有難う御座います。
なんとか、その場は治った。
さて、五条悟たちが二年て言うことはそろそろ
なのかな???
てか、なんなら七海健人と灰原雄が一年のクラス
に居んのか……。

最高やんけ←
一年の教室に入る
(なまえ)
あなた
失礼します。
灰原クン
灰原クン
あ!もしかして、君が転入生?
(なまえ)
あなた
そうですね。
七海サン
七海サン
灰原、少し落ち着け。
灰原クン
灰原クン
あ、うん!
仲睦まじいなぁ。
どうしよう、このままキャラ付き通すか……
それとも、モブになって裏で助けるか………
…………多分、今からでもモブになれる!!!
僕の本性知ってるのは、夜蛾先生だけ……
いけるのでは???
よし!そうしよう!!!
灰原クン
灰原クン
じゃあ、自己紹介して貰っていい??
え、聞いてなかった。
(なまえ)
あなた
あ、はい。転入してくる事になった
あなたの名字あなたと申します。
何卒なにとぞ宜しく頼みます。
灰原クン
灰原クン
うん!よろしくね!
七海サン
七海サン
宜しくお願いします。
灰原クン
灰原クン
次は、僕達だね!僕は、灰原 雄!
改めて、よろしくね!
うわー!天使やな。
灰原クン
灰原クン
ほら、七海も。
七海サン
七海サン
…七海 健人と申します。宜しくお願いします。
(なまえ)
あなた
はい、お二人共宜しく御願いします。
ヤバいな………何時頃いつになるんだろ……
備えあれば憂いなし…………
うーん、そうは言っても何しようか??
無難にトレーニングか????
どうしようか………
でも、二年生だからって直ぐなる・・・って訳じゃないだろうし…
一旦、様子見…………かな???
灰原クン
灰原クン
ねぇ!転校して来たばかりだし、分からない舎が
あるでしょ?
七海サン
七海サン
…私たちが案内して差し上げようかと思いまして……
原作でも分かんねぇ部分もあるから聞こうかな
(なまえ)
あなた
是非、御願いします。
灰原クン
灰原クン
! うん!僕たちに任せてよ!!
灰原クン
灰原クン
ね?七海!
七海サン
七海サン
…はい。
ちょっとムスってしてるななみん可愛いぃ"ぃ"!!
て事で行く事に成りました。
最初はお世話になるという事で、二年の教室に
なった。
ー二年教室前ー
待て、普通に二年教室前に来たはいいが授業は???????
(なまえ)
あなた
……あの、此処まで来て申し訳ないんですが、授業って……
七海サン
七海サン
嗚呼、授業ならこの時間だけ自由と仰ってました…。
(なまえ)
あなた
あ、はい。
なら,でぇ丈夫だ!!!!!!!!
まぁ、授業の事を聞いたので大丈夫として………
(なまえ)
あなた
ノックしていいですか…。
灰原クン
灰原クン
あ、そうだね!
二年の教室のドアを軽く叩く
コンコンと鳴った
ガラッと教室のドアを開ける
(なまえ)
あなた
…失礼します。
夜蛾先生
夜蛾先生
あなたか。
(なまえ)
あなた
はい、二年の方々に挨拶した方が良いかと思い…
ゴジョルン♡
ゴジョルン♡
あれ?この前の娘じゃん〜。
スグルン♡
スグルン♡
転入して来れたんだね。
(なまえ)
あなた
まぁ、はい。お陰様で…
煽ってない????
え???煽られてるよね?????
まぁ、推しだからいいや←
(なまえ)
あなた
あの、二人は????何処へ
普通に疑問。あの人達、何処行った??
灰原クン
灰原クン
ねぇ、七海これ入っていいのかな?
七海サン
七海サン
私に聞かないで下さい。
うん、そりゃそうなるわ。当然の反応だな……
二人は、廊下に居るのか……おk。
(なまえ)
あなた
まぁ、二人から話は聞きました。
(なまえ)
あなた
御三方には、お世話になるので挨拶した方がいい
次第かと思いまして………
ゴジョルン♡
ゴジョルン♡
ふぅーん……
(なまえ)
あなた
て事で勝手ながら自己紹介させて貰いますね。
ゴジョルン♡
ゴジョルン♡
ホントに勝手だね。
ちょっとイラって来た……
スグルン♡
スグルン♡
そうだね、私たちに許可を得てからして欲しいモノだね。
(なまえ)
あなた
……………
ゴジョルン♡
ゴジョルン♡
なー、そう思うだろ?硝子ぉー?
ショウコサン♡
ショウコサン♡
………興味無ぁ〜い。
ヤベェ、推しだからって理由で許せる位器広くないよ????
そんなの、何処の夢主だよ←
やられっぱなしなのは、嫌なんだよね。
二人も待ってるし………
ま、いっか。
(なまえ)
あなた
…スゥ    これから、お世話になるあなたの名字あなたと申します。趣味は………絵を描く事です。
(なまえ)
あなた
それと、五条さん初対面の方にそんな態度取ったら、社会に出たとき恥かきますよ。
後、夏油さん五条さんに便乗して煽って来ないで下さい。割と真正面から言われるよりウザいです。硝子さんは、そんなに人に対して無関心だと
いざ自分が頼りたい時や助けて欲しい時に助けて貰えませんよ。
(なまえ)
あなた
…異論は認めます………けど、待たせて人が居るので
屁理屈は辞めて下さいね。
ゴジョルン♡
ゴジョルン♡
ッ   なんでそんな事、お前に言われないといけない訳??
(なまえ)
あなた
僕から見て最低限の態度がなってなかったのd
ガラッ!!!!
紫月 名香(シヅキ    ナコ)
紫月 名香(シヅキ ナコ)
すいません!!!夜蛾先生、任務で遅れました!!!!!
ヒロインのお出ましか………
僕、まだ話中………←
(なまえ)
あなた
まぁ、言いたい事言わせて貰ったので帰りますね。
ふぅ、……………………やっちまった………
(なまえ)
あなた
お待たせ……七海さん 灰原さん。
灰原クン
灰原クン
えっと、大丈夫?
(なまえ)
あなた
なんとかぁ。(泣)
(なまえ)
あなた
やっちゃったぁ(泣)
灰原クン
灰原クン
よ、よしよし……?
(なまえ)
あなた
うわー(泣)天使ぃー(泣)
………………待って素が出てる←
なんなら、灰原クンの腰辺りに抱き付いてるよ??
灰原クン
灰原クン
カァ
七海サン
七海サン
ムスッ
え???何処にその要素あった?????
(なまえ)
あなた
なんで、顔真っ赤なんだよ笑
(なまえ)
あなた
そんな、要素ないのに笑
七海サン
七海サン
……貴女には笑顔が一番です。
(なまえ)
あなた
あんがとね。
(なまえ)
あなた
…さて、挨拶は終わったから舎の案内宜しくね。
灰原クン
灰原クン
うん!
七海サン
七海サン
はい。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー切り取り

会社 学校お疲れ様でした。
次回も見てね♡