無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

志季✖︎翼
志季✖︎翼

収録終わり

翼)お疲れ様でしたー!あー!最高!
志)相変わらず、先走っていたな。
翼)ファンの声援には応えないとねw

志)はぁ、まったく...
翼)何?ナニナニ!?もしかしてヤキモ..ング!
(手で口を塞がれる)

志)残念だが、それは無いw
翼)ちぇ。
志)むしろもっとやれ、「いいだろ、俺のだぞ」
って自慢してやるw
翼)っ!///・・あーもう、こっち!!
志)!!

物影に入り...唇を奪う

志)んっ!...っ、こら、翼。
翼)これは志季が悪い、そんな事言われたらしたくなるに決まってる///
志)まったく...帰るまで我慢しろ。
(耳元で囁く)

寮に帰ると翼の部屋に連れられて...
そのままベッドに雪崩れ込む

志)っ!..おい。
翼)ちゃんと部屋まで我慢しただろ...んっ

熱を秘めた視線を隠す事もせず
己の欲望をぶつける

志)っん!..はぁ..んん!
翼)んっ、ははw 志季ってさ、露出少ないから肌白いよね。

脱がせて露わにした姿態に触れる

志)うるさい。
翼)あれ、気にしてた?でもさ、嬉しいんだよ?

手はゆっくりと肌を滑りながら

翼)ファンのみんなは知らないんだからさ、
俺だけじゃ無いのは悔しいけどw どこでも脱ぐから困るよね。
志)人を変態みたいに言うな、ライブとかで着替えるのに仕方ないだろう。

翼)それはそうなんだけどねw
志)だが、これだけは言える...っ!
翼)ん?
志)俺のこんな姿、知ってるのはお前だけだ。

肌に触れられ、乱れる姿は...

翼)あ〜もう、なんでそんな事言うかなぁ...
志)ん?
翼)寝かせないから、覚悟してよね。

熱情に求められて

志)望むところだ...

深く愛を刻まれる


終わり