無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

重岡side
ガチャ🚪

「「ただいまー」」
「「「「「『おかえりー』」」」」」
さ、始まりました


あなたの会議
まずは、聞き出そうと思います
『ねぇ、あなたこれなに?』
「それどこで見つけたん?」
『質問に質問で返さないで』
「アルバムの中から見つけた」
『この塗り潰しは?』
「信じたくなかった」
小瀧「なにを?」
「お兄ちゃんを」
濱田「え?なんで?」
「お父さんなんて、顔を覚えてないし」
「衝撃が」
桐山「そんなにトラウマなん」
「え、私のお兄ちゃん知ってるんじゃないん?」
淳太、流星「知ってる」
それ以外『知らん』
「え?」