無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

小瀧side

プルルルプルルル


電話かかってきたし


画面)川合あなた
え?あなたから?珍しいな
重「誰から?」
『あなたから』
電話

『もしもし』
あなた「もしもしのんちゃん?」
『せやけど』
あなた「私さ、台所のカウンターのところにお弁当忘れてない?」
『あ、忘れてるやん』
あなた「持ってきてくれへん?」
「私の部屋にあるカードで入れるから」
『わかった』

『今昼休憩なう?』
あなた「うん」


『じゃあ、急いで行くわ』


あなた「ほんまごめん」
あなたの部屋のドア🚪

ガチャ)

『カードはーー』


『これか、』


ガシャン


あ、なんか倒した


ま、帰って片付けよ
『行ってくるわ』

重流「いってら〜」


ーーーーーーーーーー


重岡side


『りゅーせーさっきあなたの部屋でなんか倒れんかった?』
流「倒れたよな」


『みにいこー』





ガチャ)

『相変わらず自分の部屋は、あんま綺麗じゃないんやな』


流「これちゃう?」


『あ、これか、』


『あれ、入らへん』


流「なんか奥にあるもん」

『なにこれ』

『なんで驚かへんの?』

『知ってたん?』

流「知ってた」


ーーーーーーーーーー

小瀧side


ガチャ)

『ただいまー』



重「のんちゃん、








これ知ってた?」