無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

小瀧side

「これ知ってた?」
『どれ?みして』
そこには、家族写真があったが、すべての写真のお兄ちゃんの顔と、お父さんの顔が黒く塗りつぶされていた
(こういうイメージです)

流「あなたって、シングルマザーじゃなかった?」

『せやで』
重「嘘ついたったってこと?」
『離せない事情があったとか?』
『ちっちゃい頃の写真だけお兄ちゃんらしき人が写ってるのは、なんで?』
流「小さい頃は、お兄ちゃんがいたはず」
『今は?』
重「いなくなった?」