無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

あなたside

熱が出ちゃった♡(๑˃̵ᴗ˂̵)テヘッ(((
これを機に実家に帰ろうと思ってるんよ
なんでかっていうと、私が神山兄弟なんだってわかった以上、今のお母さんに迷惑かけるわけにいかないし、




1人にもなりたいし
コンコン
『はーい』
望「おっす俺望」
『はいはいどうぞ』
望「なんかこれやって!とかないか?」
『お腹すいたなぁ』
望「わかった」
望「ゼリーでいい?」
『うん』

『ありがとう』
望「いやいや」
望「もっと幼なじみ頼ってもええねんで?」
『おん  ありがとう』
望「じゃあ買ってくる」
『ナタデココ入ってるやつな』
望「わかっとるわ」