無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

昨日は、あんなことがあったけど、今日からも、いつも通り川合で行くで〜
『起きやー』
はーい
『ともくんどないしたん?』
流星「俺、あなたのこと尊敬するわー」
『なんで?』
流星「だって、昨日あんなことがあっても、普通に話せるんやろ?」
「だって、改まる必要がないやろ?』
小瀧「そういうところが羨ましいねん」
そうか