無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

あなたside


私は、ごく普通に働いている、会社員です

だから、
『智くん今日夜ご飯作っといてー』



智「はいよ」


なんてこともよくあるんです
『ともくん今日は、何時ぐらいに帰ってくる?』



智「夕方には、帰れると思うけど」


『おっけー』


『今日オフの人は?』


大「俺オフやで」

望「俺も」

流「俺もやわ」



『3人?』


照「そうなんちゃう?」
『じゃあ、3人で洗濯物干しといてくれる?』
大望流「わかった」
『もし暇なんやったら天気いいし、お布団も干しといてね』
大望「「ちょっとし忙しいな」」
流「わかった」
「「「「「「「『爆笑』」」」」」」」