無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

3.11

東日本大震災
私はその時3歳で、着てた服とかどうやって逃げようとしたのかとかしか覚えてなくて
まだ小さかった私はこの地震の怖さなんて全然分かってなかった
東北の方がどれだけ怖かったか、苦しんだか、今でも私に分かることなんてないから想像することしかできないけど、
分かるのは震災で負った心の傷はずっと消えないんだってことで
遺族の方や被害にあった方はずっと今でも苦しんでる
何もわかんない私が言えることじゃないのかもしれないけど、
みんな1回、家族と地震のことについて考えて欲しい
もしもがあった時どうするのか、
どこに逃げるのか
私ももう1回考えてみようと思う
これから、少しでも自然災害で苦しむ人が減りますように