無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

優しく抱きしめて 大西風雅
268
2022/06/15 12:08
風雅「ブース!」

あなた『知っとるわっ!うるさい!!』

私の彼氏はいつも私をブスだの、アホだの、
言ってくる
いつもは笑ってすませる事
なのに今日は今まで耐えてた物が溢れ出した

あなた『、、グスッ』

急に泣き出す私にあからさまに動揺している

あなた『あっ、ごめっ、グスッ』

泣く私を優しく抱きしめる風雅

風雅「ごめん、俺がバカやった、」

あなた『、、ホントだよっ、グスッ』

風雅「ブスやなんて思ってへんから」

子供をあやすような優しい声

風雅「ちょー可愛いと思っとる」

あなた『バカっ、』

風雅「ん、好きや」

私の言葉に合ってない返答をする

風雅「ごめん、ほんまに」

あなた『もういいよ、』

そう言うと風雅は私の
おでこに優しくキスを落とす

風雅「好きやで」

あなた『ん、知ってる』

風雅「泣き止んでや、どうすればええかわから
んから」

あなた『私が泣いてたら今みたいに優しく抱
    きしめて』

風雅「了解」