無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

誕生日プレゼント 岡﨑彪太郎
256
2022/06/16 09:55
彼女のあなたと2人きりの帰り道

あなた『どうしたの?こたちゃん元気ない』

彪太郎「あっ、ちゃうねん、あのさ」

あなた『何?』

俺は歩く足を止めて少し前に居るあなた
に言う

彪太郎「俺今日、誕生日やねん、」

すると黙り込むあなた

彪太郎「あっ、あなた?」

あなた『なんで言わへんかったん?!』

振り返ったあなたに怒られる

彪太郎「やって、祝って言っとるみたいで、」

あなた『祝われるのが当たり前や!』

彪太郎「ごめん」

あなた『どないしよう!プレゼント!』

焦っているあなたに言う

彪太郎「プレゼント欲しいのあるんやけど」

あなた『何?!』

彪太郎「ハグしてもええですか?」

俺がそう聞くと固まり顔を真っ赤にする

あなた『え、ええよ!?ほら!』

手を大きく広げる
俺はそんなあなたに抱きしめる

彪太郎「好きです」

あなた『、、、ハグだけでいいんですか?』

彪太郎「、、良くない」

俺は夕日を影に優しくキスをした