第5話

ー彼女は愛を唱える。ー
155
2021/06/23 06:03
皆川
皆川
は?何こいつ
本田
本田
壊れたんじゃね?






チョークをカタンっと置くと彼女は不気味な笑みを浮かべた。






『サユ』
『サユ』
いいですか?皆さん。
愛なんてもの存在しません。
結局、人が見ている部分は「地位」と
「見た目」と「学歴」それしか見ていないんです
先生
先生
お、おい?




先生が途中で止めに入ろうとするが『サユ』は構わず続けた。









『サユ』
『サユ』
あなた方のご両親は自分が満たされるためだけに実を結び、自分の利益になるよう
あなた方を産んだのです。
皆さんいい大学に行け、優秀な成績を残せ、そう言われているでしょう?
それも結局、ご両親が得を受けるだけです。
近所の目、評判、親戚からの印象。
でも、残念ながら既にあなた方に選択権はありませんね
岸本
岸本
っは?何言ってんだよ!?
皆川
皆川
もし、お前が言った通りだとしてもなんだって言うんだよ。
それに、今からでも変えられるんだよ!
『サユ』
『サユ』
あなた方は生を受けてしまった。
今まで通り順応していくしかない。

それにそこには愛はない。
あなた方は愛をもらっていない。
ただ両親に拘束されているだけ。
自由もない
いつもそう……。
河井
河井
いつも?
『サユ』
『サユ』
あなた方は愛されていると思う人を潰そうとする……少し話が逸れましたね。
教えることはもうないので失礼します。

プリ小説オーディオドラマ