第3話

ーAI=完璧?ー
155
2021/06/23 07:43
『サユ』はそれから4ヶ月経ったが未だに何一つ情報を取り入れることが出来ずにいた




そして、クラスの生徒たちはAI=完璧という認識が強かったためかいつしか『サユ』と関わることは無くなっていた







そして、実証実験から半年後。


決定的に変わってしまう出来事が起こった……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




河村
河村
あー、掃除当番とかダルっ…
皆川
皆川
だな
岸本
岸本
てか、今日私彼氏と約束あんだけどー!?
誰か変わってよ



放課後今週の掃除当番の生徒が教室で愚痴を発していた



そこには『サユ』もいた。






『サユ』は実証実験の間、24時間教室で過ごすよう言われていた。









岸本
岸本
あ!てかさ、ロボットに掃除させればいいじゃん!
本田
本田
確かに
皆川
皆川
今どき、掃除するロボットとかもあるしな
河村
河村
じゃあ、AIに任せようぜ
俺らが掃除するより綺麗になるだろ


そう言い出すと生徒たちはモップを『サユ』に差し出した






岸本
岸本
それじゃあ、ロボットちゃん?
後はよろしく!
『サユ』
『サユ』
すみません。
掃除当番は毎週決まっているのでそれは出来ません
『サユ』はお手本通りのように返答した。



しかしそれが彼らの反感を買ってしまうことになった。








岸本
岸本
は?
お前、一切勉強も出来ないんだから
そんぐらいやれよ
本田
本田
お前はそんぐらいしか能がないだろ
皆川
皆川
みんなの役に立てんだぞ?




そう言うと手に持っていたモップを『サユ』に押し付け始めた




岸本
岸本
ほら!やれよっ
『サユ』
『サユ』
っ………


『サユ』は強い力に押され勢いよく後ろへ転んでしまった








岸本
岸本
ふふっ
じゃあ、あとお願ーい!
皆川
皆川
よろしく
河村
河村
帰ろーぜ
本田
本田
だな





教室から人がいなくなってから『サユ』はようやく立ち上がった






『サユ』
『サユ』
……掃除を始めます。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先生
先生
昨日、掃除した人ー。
これからもその調子で頑張れよ



教室の窓には汚れひとつなく黒板も新品のように綺麗になっていた。
床にはホコリも髪の毛一本すら落ちていなかった






岸本
岸本
はーい!
本田
本田
分かりました、先生
皆川
皆川
だるっ
河村
河村
…………。
先生
先生
じゃあ授業始めるぞ
まず、課題にした問題の答え合わせから
じゃあ①『サユ』
『サユ』
『サユ』
すみません。
分かりません
河井
河井
先生、AIに当てるのいい加減やめたらどうですか?
先生
先生
でもなー。
一応実証実験だからな…
本田
本田
毎回「分かりません」しか言わねえじゃん







この日を境に『サユ』が授業中当てられるということは無くなった










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


岸本
岸本
じゃあ、今日もお願いね?



『サユ』は毎日掃除当番を押し付けられるようになっていった





本田
本田
なあ、こいつでストレス発散しようぜ
皆川
皆川
何それ面白そう!
河村
河村
俺もやる




彼らは金属バットやモップを片手にして『サユ』を標的にぶつけ始めた








本田
本田
ははっ、楽しっ!
皆川
皆川
あーストレス発散になる
河村
河村
うわ、こいつまだ無表情じゃん
本田
本田
表情崩したヤツの勝ちにしねぇ?
皆川
皆川
のった!
『サユ』
『サユ』
…………………。




その際『サユ』は一切声も上げず、うめき声も上げず、表情も一切変えず、涙も流さなかった

プリ小説オーディオドラマ