無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第5話
藤川家にて…🏠
藤川一男
藤川一男
ほら、着いたぞ!
白石恵
白石恵
ありがと!
藤川一男
藤川一男
入っていいぞ!
白石恵
白石恵
じゃあ、おじゃまします!
冴島はるか
冴島はるか
いらっしゃい、いらっしゃい!
藤川一男
藤川一男
ぉーい!緋山ー!
藤川一男
藤川一男
起きろー!
緋山美帆子
緋山美帆子
え!?ここどこ!?
藤川一男
藤川一男
俺ん家。
緋山美帆子
緋山美帆子
なんで?
藤川一男
藤川一男
今日はみんなで泊まるの!
緋山美帆子
緋山美帆子
あー!そういう事ね!
緋山美帆子
緋山美帆子
じゃあ入るねー!
冴島はるか
冴島はるか
さすが、美帆子!
みんなは疲れていて、すぐに寝た…
朝6時半。
冴島はるか
冴島はるか
今何時?
藤川一男
藤川一男
6時半だよ!
冴島はるか
冴島はるか
みんな起こすか!
藤川はその時、みんな分の朝ごはんを作っていた。
冴島はるか
冴島はるか
恵、起きてー!
白石恵
白石恵
あ!もう朝?よく寝れたー!
白石恵
白石恵
美帆子も起きて!
隣で寝ていた、緋山を起こした。
緋山美帆子
緋山美帆子
やだー!まだ寝るー!!
冴島はるか
冴島はるか
もう、しょうがない。
白石恵
白石恵
もう少ししたら、また声をかけるか。
10分後…
白石恵
白石恵
ほら、美帆子起きて!
緋山美帆子
緋山美帆子
うぁー!今何時ー?
冴島はるか
冴島はるか
6時40分だよ!
緋山美帆子
緋山美帆子
よかった!遅刻じゃないや!
冴島はるか
冴島はるか
遅刻の時間になる前に叩き起します!
藤川一男
藤川一男
朝メシできたよー!
冴島はるか
冴島はるか
ありがとう!
白石恵
白石恵
ありがとう!
緋山美帆子
緋山美帆子
いただきまーす!
藤川一男
藤川一男
1番遅くに起きてきて、1番に食べ始めた!笑
白石恵
白石恵
さすが、美帆子!
藤川一男
藤川一男
そろそろみんな時間だぞー!
無事に職場にむかった。
作者
こんな時間の投稿でごめんなさい。
しかも、短くってごめんなさい!
また、明日投稿します!
作者
いつも♡やお気に入りありがとうございます!