無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第15話
フェローが認定証をもらった日の夜…
白石と緋山が医局に戻る…
緋山美帆子
緋山美帆子
はぁ〜、でもみんな卒業できて、ほんと良かったね。
白石恵
白石恵
そうね。
白石恵
白石恵
ん?
緋山美帆子
緋山美帆子
どーした?
白石は机の上にあるものに目を引かれた。
白石恵
白石恵
机の上に…
そこには、

「8時にヘリポートで待ってる。 藍沢」

と、書かれたメモ用紙があった。
緋山美帆子
緋山美帆子
(ついに来たか…)
白石恵
白石恵
これって、行った方がいいのかな?
緋山美帆子
緋山美帆子
あったりまえでしょ!
緋山美帆子
緋山美帆子
ほんと恵、鈍感すぎ。
白石恵
白石恵
そう?
緋山美帆子
緋山美帆子
ほら、もうすぐ8時だよ。
白石恵
白石恵
あ!ほんとだ。
白石恵
白石恵
じゃあ、行ってくるね。
緋山美帆子
緋山美帆子
いってらっしゃい。
ヘリポートについた。

そこには、すでに藍沢がいた。
白石恵
白石恵
ごめん、待たせちゃった?
藍沢耕作
藍沢耕作
こっちこそ。急に呼び出して、ごめん。
白石恵
白石恵
ううん、大丈夫。
白石恵
白石恵
何かあった?
藍沢耕作
藍沢耕作
あのな、落ち着いて聞いてくれ。
白石恵
白石恵
分かった。(なんだろう。)
藍沢耕作
藍沢耕作
俺は、白石のことが好きだ。
白石恵
白石恵
えっ?
藍沢耕作
藍沢耕作
付き合ってくれ。
白石恵
白石恵
うs…
白石は走って行ってしまった。
残された藍沢は…
藍沢耕作
藍沢耕作
(俺、なんか悪いこと言ってしまったのかな?
やっぱり白石の好きな人は俺じゃなかったんだ。)
その頃、白石の方では…
白石恵
白石恵
(え?嘘でしょ。信じられない。)
緋山美帆子
緋山美帆子
恵!どーしたの?泣いて?
白石恵
白石恵
うu…
緋山美帆子
緋山美帆子
何があったの?
白石恵
白石恵
藍沢、先生に、「好きです、俺と、付き合ってくれ。」って、言われた。
緋山美帆子
緋山美帆子
(やっぱり)
緋山美帆子
緋山美帆子
で?なんて言ったの?
白石恵
白石恵
信じられなくって、逃げてきちゃった…
緋山美帆子
緋山美帆子
は?なにやt…
白石恵
白石恵
自分でもどうしたらいいかわかんなくって…
緋山美帆子
緋山美帆子
恵は藍沢のことどう思ってるの?
白石恵
白石恵
好き。
緋山美帆子
緋山美帆子
だったら、そのことを素直に言えばいいのよ。
白石恵
白石恵
とりあえず、行ってくる。
緋山美帆子
緋山美帆子
涙拭いてから行きな。
白石恵
白石恵
ありがとう。
そしてまた、ヘリポートに戻った。
白石恵
白石恵
藍沢先生、さっきはごめんなさい。
藍沢耕作
藍沢耕作
全然気にしてないから、大丈夫だ。
白石恵
白石恵
あの、私も
藍沢耕作
藍沢耕作
(ゴクン)
白石恵
白石恵
前から好きです。
白石恵
白石恵
私でよければ付き合ってください。
藍沢耕作
藍沢耕作
よろこんで。
藍沢耕作
藍沢耕作
今夜、美味しいレストラン行かないか?
白石恵
白石恵
え?いいの?
藍沢耕作
藍沢耕作
当たりあえだろ。だって、俺ら付き合ってんだよ。
白石恵
白石恵
そっか。
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあ、準備してこい。
白石恵
白石恵
分かった。
藍沢耕作
藍沢耕作
あ、あと。誰にも言うなよ。
白石恵
白石恵
うん。でも、緋山先生にだけ言ってもいい?さっき、勇気くれたから。
藍沢耕作
藍沢耕作
いいぞ。そのかわり、緋山に誰にも言うなって言ってけよ。
白石恵
白石恵
うん。
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあ、準備できたらここに来い。待ってる。
白石恵
白石恵
分かった。準備してくるね。
そう言って医局に戻った。
白石恵
白石恵
美帆子。ちょっと来て。
緋山美帆子
緋山美帆子
どーだったの?
白石恵
白石恵
付き合うことになった。
緋山美帆子
緋山美帆子
お、おめでとー!
白石恵
白石恵
ありがとう。で、このこと、誰にも言わないでね。
緋山美帆子
緋山美帆子
なんで?
白石恵
白石恵
2人で決めたから。お願い!
緋山美帆子
緋山美帆子
ん、わかった。
白石恵
白石恵
よろしくね!
それから、3分後…


白石は着替え終わって
白石恵
白石恵
じゃあ、お先に。お疲れさまー!
緋山美帆子
緋山美帆子
おつかれ!
藤川一男
藤川一男
おつかれー!
冴島はるか
冴島はるか
お疲れ様です。
藤川一男
藤川一男
なんか、白石のやつ嬉しそうだな。
藤川一男
藤川一男
藍沢となんかあったとか?
冴島はるか
冴島はるか
余計なこと言わない。
藤川一男
藤川一男
あ、はい。
それから
白石恵
白石恵
藍沢先生、おまたせ。
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあ、行くか。
白石恵
白石恵
うん。
レストランについて…
店員
いらっしゃいませ。
藍沢耕作
藍沢耕作
2人で
店員
カップルですか?
藍沢耕作
藍沢耕作
はい。
店員
では、こちらの席にどうぞ。
白石恵
白石恵
え、すごい高そう。ほんとにいいの?
藍沢耕作
藍沢耕作
いいんだ。
店員
メニューはこちらです。
藍沢耕作
藍沢耕作
いや、大丈夫です。
藍沢耕作
藍沢耕作
このお店で1番人気を2つください。
店員
分かりました。少々お待ちください。
白石恵
白石恵
選ばなくていいの?
藍沢耕作
藍沢耕作
なんでだ?ここのお店で1番美味しいのを食べた方がいいだろ?
白石恵
白石恵
まぁ、そうだけど。
店員
お待たせいたしました。このお店で1番人気のメニューです。お召し上がりください。
藍沢耕作
藍沢耕作
ありがとうございます。
白石恵
白石恵
ありがとうございます。
2人は食べ始めた。
白石恵
白石恵
美味しいね。
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。
藍沢耕作
藍沢耕作
なぁ、白石。
白石恵
白石恵
ん?
藍沢耕作
藍沢耕作
俺たち、結婚しないか?
白石恵
白石恵
え?
藍沢耕作
藍沢耕作
いやか。
白石恵
白石恵
ううん。そういうことじゃないけど。
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあ、なんだ?
白石恵
白石恵
急だなって思って。だって、まだ付き合って初日だし。
藍沢耕作
藍沢耕作
俺たちに付き合う必要があるか?
白石恵
白石恵
どういうこと?
藍沢耕作
藍沢耕作
俺たちは今まで11年間共に過ごしてきた、仲間だぞ。俺は、白石のほとんどを知ってるつもりだ。
白石恵
白石恵
そうね。
白石恵
白石恵
じゃあ、藍沢先生。
藍沢耕作
藍沢耕作
(ドクン)
白石恵
白石恵
こんな私でよければ、藍沢先生と一緒にこれからを歩ませてください。
藍沢耕作
藍沢耕作
もちろんだ。
藍沢耕作
藍沢耕作
左手を出してくれ。
白石恵
白石恵
え?
藍沢は白石の左手の薬指に指輪をはめた。
藍沢耕作
藍沢耕作
これからもよろしくな。
白石恵
白石恵
うん。
白石恵
白石恵
翔北のみんなには言う?
藍沢耕作
藍沢耕作
いや。子供ができてからがいい。
白石恵
白石恵
藍沢先生は子供が欲しいの?
藍沢耕作
藍沢耕作
俺は欲しいと思ってるが、白石はどう思ってるんだ?
白石恵
白石恵
私も欲しいと思ってる。
藍沢耕作
藍沢耕作
それなら良かった。
白石恵
白石恵
じゃあ、そうしようね。
藍沢耕作
藍沢耕作
あ、あと。
白石恵
白石恵
ん?
藍沢耕作
藍沢耕作
呼び方変えないか?
白石恵
白石恵
どうやって?
藍沢耕作
藍沢耕作
俺は「恵」って呼ぶ。
白石恵
白石恵
じゃあ、私は「耕作」って呼ぶ。
白石恵
白石恵
でも、仕事の時は今まで通りね。
藍沢耕作
藍沢耕作
なんでだ?
白石恵
白石恵
じゃないとバレちゃうでしょ。
藍沢耕作
藍沢耕作
そうだな。
そして2人は声をそろえて

「ごちそうさまでした」

と、言った。
藍沢耕作
藍沢耕作
今日はそれぞれの家に帰るか。
白石恵
白石恵
そうね。
藍沢耕作
藍沢耕作
今度、緋山が当直の時に俺の家に泊まりにこい。
白石恵
白石恵
分かった。
白石恵
白石恵
じゃあ、その時は伝えるね。
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。
白石恵
白石恵
じゃあ、また明日。
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあな。




✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩
作者
急展開過ぎましたね。
でも、早くくっつけたくて。
作者
読んだら、ハートやお気に入りにしてくれると嬉しいです!よろしくお願いします!