無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,032
2018/07/08

第5話

紫耀の家へ②
髙橋   「何かお腹空いた~」

岩橋   「ねー、何か食べよー」

岸    「出ました。デフキャラ~」

岩橋   「デブじゃないし!💢」

私    「ほんと、仲良いですね♡」

神宮寺  「何か買いに行こー」

平野   「家空けると面倒だし、
        留守番しとく」

永瀬   「俺、今金欠だから、やめとくw」

髙橋   「あなたは? 行く?」

私    「あー、大丈夫です。」



4人はコンビニへ行き
紫耀と永瀬くんの3人になった。
ちょっと気まずい…


永瀬   「あなた めっちゃ唐突
             なんだけど…」

私    「はい、なんですか?」

永瀬   「好きな人っていたりする?」

私    「え? 唐突ですね笑」

平野   「いんの?」

私    「そーゆーことに興味ないかと
       思ってました。みなさん」

平野   「んなわけねーだろ。」

私    「ですよね。」

永瀬   「紫耀ってなんか、あなたに
           マジ冷たいよな」

平野   「……」

私    「好きな人はー、いませんよ。」



なんか、二人の関係、なに?w
私、どーなっちゃうの?