無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,371
2018/07/11

第14話

常連さんから…
あの連絡から、
私はれんれんと仲良くなった。



紫耀とは付き合ってるけど、、、



2人でいるとドキドキしたり…
変な気持ちだった

れんれんは、もともとスキンシップ魔王だから、

手を繋いだり、ボディータッチなどは
普通にあったから、何となく私も受け入れてた。



そして、今週の土曜日にれんれんと遊びに行くことになった


しょーおー
平野
なに??
あのね、
平野
うん。
今度の土曜日、
れんれんと遊びに行っても良い?
平野
何でそんなことを聞くん?
一応、彼氏だし…
平野
あー、行ってくればぁー
ありがとッッ!!
行ってくる✨



紫耀の心の中━━━━
最近、あなたが俺に冷たい…
冷たいって言うか、俺のことが好きじゃない
廉のことが好きだ。 多分。 いや、 絶対
2人で遊びに行くとか言ってんだぜ?
相思相愛な関係だ。もう
俺の彼女のあなたは廉にとられた…
悔しいけど、おれは、あなたのことが好きだからこそ
2人のことを応援しよう…
━━━━━━━━━━━━