無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

紅一点と大男達





あなたside





Hey Guys!
ジャニーズ、SnowManの紅一点の
吾妻あなたでっす!



今日はね、レッスンに来てるんだけど
他のグループも別室でやってるんだって!



だから休憩入ったら荒らしてくる!!←え





岩本「よし、休憩入れるよー。各自ストレッチとかしなよー??久しぶりに動いてんだからー」



雪男-岩本「「「はーい!!!」」」



あなた「ねぇねぇひーくん!」



岩本「んー?」



あなた「今日ってさ、他のグループも来てるんでしょ??ソーシャルディスタンス守るから遊びに行ってきてもいーい?🥺」



岩本「いいけど、早めにしろよ?」



あなた「ありがとひーくん!」



向井「元気やなぁw」



深澤「だよなぁ〜…」



ラウ「おじいちゃんにはきついねぇ〜←」



深澤「そうだy…まだおじいちゃんじゃねーよ!」





なんかレッスン室うるさいけど←



どこがいいかなぁ〜…



とりあえずSixTONESから攻めてこー!





あなた「……あった!





中から音楽が聞こえる。



まだやってるのかな??



待とう←





田中「休憩いれよ〜」



大男-田中「「はーい」」





よし、今だぁぁ!





🚪((コンコンガチャ





あなた「Hey!Hey!Hey!(ITZYのICY風)



大男「「「ええええ!?!?!?」」」



あなた「いるって聞いたから来ちゃった☆」



田中「あずじゃん!」



髙地「ジャニーズの姫じゃん!」



松村「噂のゲリラ生配信をした伝説の人じゃん←」



京本「あなたちゃーん♡」



森本「うぅわぁ、カツ揚げとけばよかったよ←」



ジェシー「AHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!!←」



あなた「いや、まだ私来たよって報告しただけでこの情報量はエグいてww」



京本「だって久しぶりじゃん!」





そうかもしれんがw





あなた「んじゃ、他のところも行きたいし!頑張ってね!」



髙地「あずこそ頑張れよ??」



あなた「もっちろん!じゃ、ばぁい☆」



松村「今度来るときはアポ取れよ!?」



あなた「考えとくわ←」



田中「どんまい!北斗!www」



松村「……。←」





SixTONESは行ったし…次どこ行こうかな!









NEXT→
さくしゃ。
さくしゃ。
上のやつでこれから
お知らせをしていきたいと
思います!
さくしゃ。
さくしゃ。
あと、日記みたいにゆるゆると
記録をつけれたらなって思います🙌🏻