無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

すのちゅーぶ あべちゃん先生回 ⑥





NOSide





[3時間目 なぞなぞ]




あべちゃん先生「それでは最後、なぞなぞの…」



ふっかさん「いぇいっ!きたぁぁっ」



さっくん「えぇ〜…はやぁい」



ラウ「大得意」



あべちゃん先生「ただ、今回めちゃめちゃ難しいです」



ふっかさん「え、まじ?」



ラウ「うぇw」



あなた「私解けずに終わるかも←」



あべちゃん先生「まぁあずの脳みそなら行けるでしょ」



あなた「そういうのがやなんです( #`꒳´ )ム~ッ」



舘様「姫、お怒りにならないで」



あなた「( ˘・н・)むぅ」



さっくん「え、可愛いw俺特等席じゃん!」



めめ「佐久間くんずるいですよ」



ジーコ「そうだ!そうだ!」



ひーくん「俺が一番遠いからね?」



あべちゃん先生「はい問題言うよ〜。ハテナに入る数字を答えてください」





➃+③=7

①+⑤=8
       ①+①=?
➅+➅=2

②+➅=6





ラウ「数字強い!俺!」



さっくん「俺数字苦手なんだよ〜」



あなた「先生!」



あべちゃん先生「どうしました?吾妻さん」



あなた「わかんないです!」



あべちゃん先生「諦めるの早いよ!」



めめ「もう1+5は8じゃないもん」



さっくん「頭悪いな〜コイツw」



ジーコ「4+3は7は合ってますよね?」



ふっかさん「そうなんだよ」



しょっぴー「なんだ?これぇw」



あべちゃん先生「左側の数字が四角で囲まれてるのも少しヒントだったりするかな(今回は機種依存文字の都合上、四角ではなく丸です。ご了承ください。)」



ふっかさん「あ、わかった」



あなた「は?」



ラウ「あなたちゃん治安悪くなったw」



あべちゃん先生「まじ?」



ふっかさん「多分」



あべちゃん先生「嘘でしょ!?俺これワンチャンヒントなしだったら誰もわかんないだろうって思ってた」



しょっぴー「いやこれで正解だったらやばいよねw」



ふっかさん「おぉ、いや、まだわかんないよ?これじゃない??((あべちゃん先生に答えを見せる」



あべちゃん先生「ふっか正解!!」



さっくん「まじぃ!?」



あなた「ほんっと意味わかんねぇ…」



しょっぴー「あずわかんなすぎてさっきよりも治安悪くなってるw」



めめ「喜劇王やべぇな…」



あべちゃん先生「ごめん俺、ほんと、ちょっと、」



ふっかさん「ん〜〜〜〜〜、やったぁぁぁぁぁ!」



雪男「「「wwwwwwww」」」



ラウ「やっばない!?」



ふっかさん「フッハッハッハッ」



めめ「キレッキレだなぁ…」



ふっかさん「あははははははははっ(超高音)」



あなた「ふっかさん、うるさい( ′-′ )」



さっくん「数字見たら眠くなってきたぁ…」



ジーコ「いや、俺が引っかかってんのはなんで1個目だけあってるのか」



しょっぴー「いや、そうなんだよ」



あべちゃん先生「それもヒントなんだよ」



あなた「どこが」



さっくん「なんか画面見すぎて画面がこう…ゆらゆらしてる…」



雪男「「「(爆笑)」」」



ひーくん「やべぇやつだよ!w」



しょっぴー「やべぇやべぇw」



さっくん「これやばぁい」



あべちゃん先生「((1の数字のみを消して赤で書き直す」



さっくん「にゃぁおんっ❤」



あなた「猫がいる〜w」



さっくん「にゃぁ❤」



あべちゃん先生「ふっかこのヒントどう?」



ラウ「あぁー!まじでわかった!」



あなた「え、あ!!そゆことか!!うわぁぁぁぁぁぁああぁあぁぁぁぁぁあぁー!!!!!((答えを見せに行く」



あべちゃん先生「あなたせいかーいっ」



あなた「よしっ!」



ジーコ「え、何が変わったんですか?今」



ふっかさん「だぁぁあははははwこれ結構w大ヒントw」



ジーコ「え、、何が?え、阿部くん色が変わっただけ?」



あべちゃん先生「そうだよ」



ジーコ「え、なんで赤色にしたんですか?」



あべちゃん先生「赤にする理由がちゃんとあるんです」



あなた「それ言ったらほぼ答え」



めめ「あ、わかった((見せに行く」



あべちゃん先生「目黒せいかーい!」



あなた「え!意外!」



めめ「おいあなた。意外とはなんだ意外とは」



あなた「なんでもないです(¯•ω•¯)」



ふっかさん「隠せ隠せ隠せ!」



めめ「気持ちい〜!」





[正解者の余裕]





ラウ「超くやしいな〜これ」



あべちゃん先生「((四角を平行四辺形に書き直す」



ふっかさん「それだけでいいんじゃない?」



あべちゃん先生「ちょっと斜めにしようかなって」



ひーくん「え、なに」



さっくん「なになに?」



あなた「結構ヒントだと思うw」



ふっかさん「あぁなるほどねw」



あべちゃん先生「((空いたスペースに立方体を書く」




ラウ「ん、?悔しい…」



ひーくん「あっ!」



あべちゃん先生「来るか?くるか?くるかぁ?」



ひーくん「これってさぁ四角い?」



あなた「おん」



あべちゃん先生「だって四角で書いたもん、ということは?」



ひーくん「((見せに行く」



あべちゃん先生「照せいかーい!」



ひーくん「これは気持ちいいね」



あなた「スッキリしない?」



ひーくん「めっちゃする」





そして、ラウ、舘様、さっくんは正解し、しょっぴー、ジーコはギブアップ←雑





あべちゃん先生「〜…省略…(YouTube
SnowMan 【祝!令和元年に天才深澤誕生?!】阿部ちゃん先生第5弾 参照)」



めめ「あれ、俺の考えとちょっと違う」



あなた「まさかの目黒ここにきて奇跡起こすのか!?」



めめ「おぉ、なんか馬鹿にされてる感がある」



さっくん「教えて〜」



あべちゃん先生「否めないけどw教えて教えて」



めめ「((ホワイトボードに行く…省略…(YouTube参照)」



ラウ「ヤバイヤバイ…」



さっくん「お前マジでヤバぁいよw」



ラウ「マジでやばい…」



あなた「その考え方は全く出てこなかった」



ふっかさん「え、でもこれ全面出てるの?答え。違うよね?そういうわけじゃないよね?」



あべちゃん先生「出てない別に」



めめ「だからなんでみんなこうやって…」





[常人にはできない発想]





あなた「やっばぁ………」



ひーくん「たまたまだよw」



ふっかさん「たまたまw」



あべちゃん先生「たまたまねwまぁでもよくこの難しい問題でふっかがヒントなしで」



ひーくん「秒で行ったよね」



さっくん「なんでお前わかったの?」



ふっかさん「カイジ」



あべちゃん先生「いや、うん、だよね〜」



ふっかさん「チンチロあるじゃん」



あべちゃん先生「カイジだよね、多分」



あなた「_チンチロ……??_」



さっくん「うん」



ふっかさん「あれが、あれが、要は全面1にできたりとか要はそのサイコロが頭の中にあったから1の裏は6でっていうのをなんかずっとやってたから」



あべちゃん先生「これはもう拍手もんですよ」



ふっかさん「カイジありがとう!」



あべちゃん先生「じゃあ、また今日の授業はこれで終わりです」



あなた「ぇー( •́ • ̀)ーッ…」



あべちゃん先生「まぁどんどん続けていきましょ」



ひーくん「頭使ったなぁ〜…」



あべちゃん先生「大切なことはすべて、あべちゃん先生が教えるっ!」



さっくん「シャキーン」



あべちゃん先生「ありがとうございました〜はい起立!気をつけ〜礼!」



雪男「「「ありがとうございました〜!!!!」」」













ふぅ…やっとあべちゃん先生回、終わりましたw←まだ裏残ってる。




長々とおつきあい、ありがとうございました!ww



で、今頃かよって感じなんですけど…
あなたちゃんとメンバーのペア表(?)みたいなチャプターあったほうがいいですか??
あと、恋愛感情……なぁんにも決めてくてですね、←ノープランで動きすぎ




コメントお願いします!!
主、ガチで優柔不断を極めまくってしまったので😅😅💦












NEXT→