無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

明るい星🔆☆ 雑誌。 ③
あなたSide
なかなか波乱だった待ち時間を経て(第7話参照)、
ようやく、、、、




カメラマンサン「じゃあ最後!あなたちゃんと深澤くんペア、撮影しよう!」



ふかあず「「はーーい!」」



あなた「制服着てるじゃん?どんな撮影かな((o(´∀`)o))ワクワク」



ふっかさん「まぁ俺リア恋枠だし?あずは国民的彼女兼妹じゃん?まさかのカップル系の?」



あなた「え、やだ←」



ふっかさん「やだってなんだよw地味に傷つくわ🥺」



あなた「はいはーいwスミマセンデシター(棒)」



ふっかさん「( ′-′ )←」





撮影ブースに着き、、




カメラマンサン「2人には、カップルぽく撮らせてもらおうと思ってます!」



あなた「わぁお。ふっかさんの予言(?)当たったわぁ←」



ふっかさん「なんで嫌そうなんだよw」



あなた「嫌とは一言も発しておりません( ′-′ )」



ふっかさん「顔に書いてあります( ′-′ )((顔むにっ」



あなた「ふっひゃひゃん!やめひぇくだひゃい!(通訳:ふっかさん!やめてくだい!)」



ふっかさん「おもろw」



カメラマンサン「あ、そんな感じで自然にやってもらえてばいいんでw」



あなた「こりぇのどこがしじぇんなんでひゅかぁ??(通訳:これのどこが自然なんですか??)」



ふっかさん「やばい、w面白いww」



あなた「ふっひゃひゃんがわひゃしのほっぺむにってしてるからでひょ!?(通訳:ふっかさんが私のほっぺむにってしてるからでしょ!?)」



カメラマンサン「とりあえずこの状態で撮っちゃいますね!」



あなた「かめりゃまんひゃん、しょうきでひゅか?(通訳:カメラマンさん、正気ですか?)」



ふっかさん「そーなんじゃね?w」



カメラマンサン「んー、次はあなたちゃんが机に腰掛けて、深澤くんが上から乗っかる感じで行こうか(←作者の語彙力がなさすぎるせいでこんな表現になってしまいました🤦🏻‍♀あなたちゃんに伝わりますように😖)」




わぁおわぁおわぁお


カメラマンさん、結構大胆なポーズ提案してくるんですね(棒)



ふっかさん「あ、はぁい」



あなた「こんな感じでいいですか?」



カメラマンサン「深澤くん、もうちょっとあなたちゃんに寄れる?」



ふっかさん「こんな感じですか?((あなたに近づく」



あなた「_ちっか、、_」



カメラマンサン「お、いい感じ!じゃ次最後で、あなたちゃん、顔が見えるようにこっち向きながら机に伏せて寝てもらって深澤くんがそれをいじる感じ(←やっぱり語彙力旅しちゃってますね、🤧🤧ごめんなさいby作者)」




お、カメラマンさん。
今『寝て』って言いましたね?(´。✪ω✪。`)✨
ありがたく寝かせていただきます←



あなた「はーい((机に伏せる」



カメラマンサン「お、いいねぇ✨とりまあなたちゃん単体で撮ろ📸」




ふっかさん「…( ・∇・)??」




カメラマンサン「じゃあ深澤くんも入ってもらっていいですか??」



ふっかさん「了解でーす」










そんなこんなでこれは深澤担の子に申し訳なくなるような撮影を終え、最後の最後で全体撮影!



立ち位置(??)はこんな感じ
  
   目黒 岩本
 向井 吾妻 佐久間
  阿部 ラウール
    宮舘 渡辺


ふかあず以外の雪男「「「よろしくお願いしまーす」」」



カメラマンサン「じゃあみなさん、立ち位置についてもらってもいいですかー?」



雪男「「「はーい!」」」




結局撮影中もワチャワチャが止まりませんですた( ′-′ )



楽しいからいいんだけどね!?www





















NEXT→
思ったより雑誌撮影の話が
長くなっちゃいました💦