無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
68
2021/11/03

第8話

☆ 手紙



こんにちは



殺し屋さん達




私は多分あなた達よりも強い殺し屋だと
思っています。




今度1回対戦しませんか?






もちろん来なくても結構です。

あぁ、死ぬのが怖いんだなとか思っときます。



まぁ来ない代わりわかります?


わからないか







何かが失われます






その何か自分で考えてください






日にち:この手紙が来た次の日の昼
場所:○○倉庫




















阿部は必死に考えた。



失われるものとは…なんだろう。


















ようやく答えがわかったみたいでその場所に向かおうとしたところ
岩本照
待って、どうした
阿部亮平
行かないと!
ラウール
え、どういう事?
佐久間大介
何かあった?
向井康二
何か手紙に書いてあった?
阿部亮平
…急いでるの、ついてきて









佐久間、岩本、向井、目黒、ラウールは
訳の分からないまま阿部について行った。



















ガラガラガラ





到着して


ドアを開ける…



そこにはいるはずの2人がいなかった。







阿部亮平
遅かった…
岩本照
どういうこと?
阿部亮平
手紙に何かが失われますって…
佐久間大介
それが翔太と舘さん?
阿部亮平
早く行こう、みんなしっかりね。○○倉庫。相手は強いかもしれない。