無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

一緒に 。















今日は少し、長めに湯船に浸かっている 。








そんな私が心配だったのか 、、










__________________ガラッ









りすさんがドアを開けてきました !!












し ょ う
し ょ う
    あなた 大丈夫 ?      
you
you
    わっ 、、 閉めてよ ~ !! //    
し ょ う
し ょ う
    あぁ、ごめん ..     
し ょ う
し ょ う
   早く出てきてよ 、。  
し ょ う
し ょ う
   俺 待ってるんだからさ 。  
you
you
   う、うん...ッ  //     














1年半も一緒に居るけど ..







中々 慣れないもので、







りすさんから出た言葉一つ一つに照れてしまう 。







ドキドキしなくなることってなんだっけ、?












you
you
   確か 、、マンネリ化 だっけなぁ ..   
you
you
   それも嫌だけど 、、、    
you
you
    ドキドキするのも心臓に悪いし 、   
you
you
   まあ 、いいやっ 出よーっと 。   












ちなみにあなたちゃん 、少し天然 ..






いや、ド天然なんですよね ((先言え

























あ 、そういえばパジャマ替えたんだった !







喜んでくれるかなぁ ..。








そう思いながら 、スキップしてリビングまで行くと ..









りすさんが不機嫌そうな顔でソファーに座ってました。

















next