無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

一緒に 。
















🐿 sho side ,















し ょ う
し ょ う
    可愛いなぁ ..。   











俺がそう言って、顔を近づけると ..









you
you
    ちょっと近いよ .. /     










そう言って 、″ ぽっ ″ と音が聞こえそうなくらい




顔を赤くする 。









正直に言うと、俺はこれを狙ってた 。





だって、、、やばいじゃん 、//










本当は今すぐ触れたいんだけど ...



我慢しないと。






触れたら、抑えられなくなるから 。











you
you
     お、お風呂入ってきますっ !!      












俺から逃げるように急いで準備をしている 。





送り出そうと思ったけど 、





触れずに入るだけならいい という気持ちが




あなたを引き止める 。










し ょ う
し ょ う
   一緒に入ろ 、?    
you
you
  ...え..ッ..  










性欲むき出しの俺に石のように固まってしまったあなた 。





ポカン と口も塞がっていない 。










まあ、そうなるよな 、、










恥ずかしい そう拒否するから、



ちゃんと理由も作んないと ..






けど 、、、










you
you
    今日はダメなのっ !!   











その 今日は も、何回聞いてきたことか ..











し ょ う
し ょ う
     俺は入りたいけど 。    











追い討ちをかけてみる 。








けれど 、最後まで意地を張るあなたに



俺が折れてしまった 。











し ょ う
し ょ う
   はぁ ..    










俺の漏らした壮大な溜息の意味は、




あなたには分からないだろう 。


















next