無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

お触り禁止






🕶 Jun side ,












あなたの家に遊びに行くついでに


買い物でもしようかと


ベンチに座って、スマホで近くの店を検索する













気になる店が見つかったから、立ち上がろうとした瞬間




俺の大好きなあなたの元気な声が聞こえてきた









” じゃあ、行きますね ! ”









振り向いてみると、男2人に引き止められているあなたの姿。








耳を澄ませると、会話が聞こえてきた




内容は、男があなたを家まで送る ということらしい











…は、? 俺と翔のあなたに触んじゃねえよ。
















作者 怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖怖←
















男に家まで送ってもらう 。


そんな危険な事をあなたは、全く気にしていない様子。









上手くいった と言うかのように頷き合う男達。




それにムカついて、いつの間にか

俺は男達を鋭く睨んでいた。











驚いた顔でこっちを見るあなた。







今は気にしない、こいつらは俺達のあなたを



傷付けようとしたんだから。













next




あなたちゃん、愛されてるなぁ……💭