無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

2人目の溺愛さん

















” お前ら何やってんの、? ”







低く、鋭い目でそう言う この人は












りすさんのお兄ちゃん 。









私の事、すごく可愛がってくれて




とっても優しい人。







なんだけど、、、














じ ゅ ん
じ ゅ ん
   聞いてんの 、?  
you
you
  ……、










いつもの 潤お兄ちゃん じゃない …






男の人たちも怖がってるし 、、













you
you
   じ、潤お兄ちゃん 、!!    
you
you
  …どうしたの ??   
you
you
   そんな怖い顔して、  
じ ゅ ん
じ ゅ ん
   あなた 、、 
じ ゅ ん
じ ゅ ん
   …クレープ、買ってきてくれる ??  
you
you
   いいけど、、  
じ ゅ ん
じ ゅ ん
   待ってるから 、お願い 。   
you
you
   う、うん !    










なんだろ ? いつもはこんな頼み事しないのに、、







……まあ、食べたかったのか !! ((














— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —















元の場所に戻ってきたら、



潤お兄ちゃんの姿は無かった 。







どこだ ??





さっきまで、ここに居たのに…









辺りを見回してると…





突然、視界が真っ暗になった。













じ ゅ ん
じ ゅ ん
  あなた  !    









それと同時に安心する声が聞こえる 。






私は嬉しくなって、大きな体に飛びついた











じ ゅ ん
じ ゅ ん
  うおっ 、、 
you
you
   潤お兄ちゃん !  会いたかったよ !!   
じ ゅ ん
じ ゅ ん
  俺も 、笑   
じ ゅ ん
じ ゅ ん
  … はぁ、、やっぱり可愛い / /   






* 潤兄さんもあなたちゃん大好きです。













next