無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

健人side

Prrrr
中島 健人
中島 健人
ん...?
夜中にかかってきた電話で目が覚めた


スマホに、表示された文字は



あなた



中島 健人
中島 健人
あなたからだ
俺は何かあったら行けないと思ってすぐに出た。



あなたは女の子だし。

なんかあったらすぐ電話しろと言ってある。


そして、今日はあなただけ、

ロケで都内のホテルに泊まってる。

中島 健人
中島 健人
📞もしもし?
You
You
📞健人..グスッ
泣いてる?
中島 健人
中島 健人
📞ど、どした?!
中島 健人
中島 健人
📞なんかあった?!
You
You
📞今、家にいる?
中島 健人
中島 健人
📞うん。いるよ。
You
You
📞会いたい。
中島 健人
中島 健人
📞うん。待っててすぐ行く。
俺はあなたが泊まっているホテルに急いだ


·


中島 健人
中島 健人
💭あなた着いたよ
You
You
💭下行くから待ってて
中島 健人
中島 健人
💭危ないから部屋教えて?
You
You
💭3-245
中島 健人
中島 健人
💭分かった!



ここかな?
中島 健人
中島 健人
💭ドアの前に着いたよ
そう送ると


ガチャ と鍵が開き、ドアが開いたと思ったら
勢いよくあなたが飛びついてきた
中島 健人
中島 健人
あなた?大丈夫?
You
You
うん...
中島 健人
中島 健人
部屋入ろ?
You
You
うん。


部屋_____________
中島 健人
中島 健人
どーした?寂しくなった?
You
You
怖い夢見た
中島 健人
中島 健人
どんな?
You
You
健人が居なくなっちゃうの
中島 健人
中島 健人
ふふwそれが怖かったの?
You
You
笑わないでよ...ほんとに怖かったんだから。
中島 健人
中島 健人
ごめん。ごめん。
You
You
もーう。
中島 健人
中島 健人
俺は居なくなんないから。ずっとあなたの傍にいる。
You
You
ありがと抱きつく
中島 健人
中島 健人
うんよしよし
You
You
眠い。
中島 健人
中島 健人
じゃあ寝な。
You
You
うん。
中島 健人
中島 健人
じゃあ俺帰るね
You
You
待って。暗くて危ないし、怖いから今日は泊まってよ。
中島 健人
中島 健人
いいけど..。寝起きドッキリとかない?
You
You
あってもメンバーだもん、大丈夫だよ。
中島 健人
中島 健人
じゃあいっか。
次の日、


案の定寝起きドッキリはありましたー!w


たまたまoffだった俺はロケに強制参加でしたw