無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2





あなた「ごめんね、ジョンウ」



ジョンウ『いいよ別に。眠い』









彼は私が何を言っても受け入れてくれるしわがままも聞いてくれる




貴方は私のことをただの友達としか思って無いだろうけど、










『アイス奢れよ?』







「パピコですか」







『あたりまえ』
 








「奢るよ奢るー」







『なんで急にコンビニに行きたくなったの?』










「洗剤が切れてた」










『。明日でよくね??』








「あ、。ごめん」












『まじでお前笑笑笑笑笑笑』






頭をぐしゃぐしゃ撫でられる


















こんな事も無意識でしょ??




















私はこんな思いをしてるのに。













NEXT