無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7





「は????????」













『笑笑笑笑笑笑』













「うざい」












『やー違うよあなたこれには訳があって』
   







「近づかないで」













『え?ぴえん』












「パクジョンウーーー!!!!!!」










「いらいらするー!!」











『あの、どこまで勘違いしとんか知らんけど、好きだよ?あなたのこと』












「は?なんなの?」











『そこまで怒んないでくれよー笑』










「笑いながら言って私が許すとでも?😊」















『。では学校で会いましょう』














「せめて私を送って行ってよ笑」













『へいへい行きましょー』


















なんだコイツ










NEXT