無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
「てことがあった訳よ!許せる?これ!!」
 








イェウン(それは男としてダメだと思いまーす)









ガラ









「あ、パクジョンウ」











(あんたよく学校来れたわね爆笑)













『あなた様昨日は申し訳ございませんでした。』












「ふっ、私があんたのことを好きとでも?100年早い」












『え?笑いやいや昨日の反応は好きでしょー笑笑笑笑笑笑』











「潰されたい??」













『すいません』











(ジョンウ、あんたなんでそんなことしたの笑)














『いや、俺は本当にあなたのこと好きだけどクリスマスにに告白しようと思ってたのに流れでやっちゃって…』











「5ヶ月後?私はジョンウのことを12月まで好きでいられるか不安だけどねー」











『やーあなたそれだけはお願いします🥺』









「さぁーねぇー笑」













(お疲れパクジョンウ)
















『(´;ω;`)』


















NEXT