無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5





「私は、ジョンウと関節キスする事がドキドキしたの、…」







「ごめんやっぱり『俺も』








「え…?」












『俺もだよ。関節キスするのもそーだし。』












『夜中にあなたから電話来ないかなーとか考えちゃったりして。ごめん、いや??』








『こんな俺』













「嫌じゃないよ!」


















NEXT