前の話
一覧へ
次の話

第6話

らぶ いず すまいりぃ!
林 恭平
まずは、、、

コンビ名だよなぁ、、
ブツブツいいながら
ノートに何かを書き込んでいる

林恭平を見つけた。
蘭子
おい!!
林 恭平
はっ?!!

蘭子ちゃん!!
蘭子
待たせたな!
林 恭平
!!!!
蘭子
お前が誘ったんだからな!

林 恭平
え、、それって、、
蘭子
美味しくしろよ!!
林 恭平
まぢで?!!
まぢで!?!
まぢでぇぇぇ!!

やっっったァァァ!!
蘭子
豚肉じゃないし、
牛肉でもないけど、、

蘭子は、
A5ランクだ!
林 恭平
いやいや、最高ランクの肉やんっっ!
わたしたちは

コンビを組むことにした。

芸人を目指そうとおもう。

え?
芸名、、、?

わたしは

らぶ いず すまいりぃ。

がいいと言ったのだけど、

どうしても、

林恭平が、

〘すまいる いず らぶりぃ 〙

がいいと言って

譲らなかった。



多田 ユイカ
わたしが、ネタ作りしてるのバラしたの
内緒ねっ。

あー見えて、恭平は、気にするタイプで。。
蘭子ちゃんのこと、傷つけたんだって
それをどう謝ればいいかわからないって
悩んでたから。
林 恭平は、鈍感な幸せ者だ。

あんな可愛い幼なじみの多田ユイカさんから
愛されて。


さらに、

なんと無敵な相方のわたしまで
手に入れたのだから。


わたしは、決めている。

〘すまいる いず らぶりぃ 〙

林恭平が、
想いを伝えるその時は

キューピットになってやろうってな!
蘭子
これから、よろしくな、
相方!
その日がやってくるまで

この鈍感幸せボケ野郎に、

鋭くツッコミつづけてやる!!
蘭子
ほら!なに、ボケとんねん!!

さっさ、始めるで!
~完~