前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
149
2021/06/28 13:07





2009.4.10





岐阜県立岐南工業高等学校





始業式





うちの学校は女子がとんでもないくらい少ない





かわいい女の子





ブサイクな女の子





この2つの扱いの差は他の学校となんら変わりない





そして私





高見沢 華蓮(たかみざわ かれん)





もちろんかわいい女の子





なんて漫画のようなことはなくて





ブサイクな女の子に部類される





そのくせ、名前だけがかわいいもんだから





入学式の日はこぞって他クラスの男子が私を見に来た





「高見沢華蓮って子いる!!?」





「んだよ、ブスじゃん」





「かわいいの後ろ姿だけじゃん」





「萎えたわー、それに比べて〇〇ちゃんはー…」





勝手に期待して





勝手に幻滅して





そんな最悪な学校生活





でも1人だけ





1人だけ…





かわいい女の子と同じように私と接してくれる人がいた





達也
達也
華蓮おるー?
まみ
あ!達也ー!
ゆな
どしたん?
達也
達也
おー!まみにゆな!
達也
達也
やっほーい
まみ
あ!今日カラオケ行こうや!
ゆな
いいやんそれー!
達也
達也
やなやな!
達也
達也
じゃなくて…
達也
達也
華蓮おる?
ゆな
え?華蓮ちゃん?
まみ
なんかされたん?
達也
達也
されてへんよ‪w‪w‪w
達也
達也
話しあんねん
まみ
そうなんやー
ゆな
今呼んでくるわなー!
達也
達也
ありがとー!





彼の名前は





田口 達也(たぐち たつや)





クラスは違うけど実習を担当する先生が
同じでよく話しかけてくれる





気づくのが少し遅れて





彼の元に行こうと席を立った時





まみ
ねえ、華蓮ちゃん?
ゆな
達也取らんといてな?
まみ
まああんたの事なんか
ゆな
達也は相手にせえへんやろけど?
まみ
ほんまおもろいわ‪w‪w‪w





私にしか聞こえないような小さな声でそう言ったあと





声色をガラッと変えて





語尾にハートが着くような甘い声で





まみ
達也が呼んどったで!
ゆな
いってらっしゃーい!





なんて言って私の背中を押した





転びそうになったのをなんとか回避…





と思ったのも束の間





彼まであともう少しのところで





同じクラスの男の子に足をひっかけられて転んだ





わざとなんてことはわかっているのに





「大丈夫?ほんまごめん!!見やんかったわ!!」





なんて笑いながら謝ってくる





私が大丈夫と返事をすると





舌打ちが返ってきた





無視されるよりマシだ





そんなふうに思ってもう2年以上経つ



















































達也
達也
ほんまに大丈夫なん?
華蓮
華蓮
大丈夫やって
達也
達也
他の子に話しかけられとって気づかんかったわ…ごめんな…
華蓮
華蓮
田口くんなんも悪ないやん
達也
達也
いや、でも…
華蓮
華蓮
いいって、それより
華蓮
華蓮
また課題の話?
達也
達也
またって‪言うなや‪w‪w‪wひどいわー!
華蓮
華蓮
ほら!図星やん‪w‪w‪w





彼の前でなら普通に笑えた





彼の前でなら素直になれた





彼の前でなら普通を感じられた





彼の前でならいい子になれた





あの時までは…





プリ小説オーディオドラマ